ニュース

  • 新型コロナウイルス感染症に対する対策について
    Comments Off on 新型コロナウイルス感染症に対する対策について

     株式会社ボスコ・テクノロジーズ (本社: 東京都港区区 代表取締役: 林 經正) は、新型コロナウイルス感染症拡大に備え、2020 年 2 月 18 日より、以下の対策を実施することをお知らせします。これまでも従業員の心身健康維持を検討してまいりましたが、昨今の状況を鑑み、取り組みを強化し、安全の確保に努めてまいります。なお、期限は定めず、状況により本対策を継続してまいります。 [目的] 従業員及びビジネスパートナー様の感染リスク軽減 (安全確保) 及び BCP [対策] 緊急在宅勤務制度を活用したリモートワークの推奨 フレックスタイム制度を活用し混雑ピークを回避した出社、ならびに時短勤務 ( 10:00-17:00 ) の推奨 その他社内衛生の強化  ・アルコール消毒液の設置  ・加湿器の設置 (目標設定湿度: 50% 以上)  ・マスクの着用の推奨  ・うがい・手洗いの推奨 株式会社ボスコ・テクノロジーズは、今後も社会情勢に応じた迅速な対応を行ってまいります。

    Read more
  • 【News】ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019 にてASPIC会長賞を受賞
    Comments Off on 【News】ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019 にてASPIC会長賞を受賞

    2019 年 11 月 8 日に経団連会館カンファレンスで開催された「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019」の授与式にて、自社製品・サービス「 SMART Gateway 」を評価いただき、ASPIC会長賞を受賞しました。

    Read more
  • 【公開発表】IEICE Transactions on Communications に共同研究成果論文が公開 (2019年11月)
    Comments Off on 【公開発表】IEICE Transactions on Communications に共同研究成果論文が公開 (2019年11月)

    名古屋工業大学との共同研究成果『 Fast Datapath Processing Based on Hop-by-Hop Packet Aggregation for Service Function Chaining 』が、IEICE Transactions on Communications の論文として採択され、通信データを転送するパケットを集約して効率的にデータ伝送する手法の研究成果を発表しました。

    Read more
  • 【公開発表】2019年10月 国際学会 CNSM2019 にて共同研究成果を発表
    Comments Off on 【公開発表】2019年10月 国際学会 CNSM2019 にて共同研究成果を発表

    2019年10月に Canada で開催される国際学会 CNSM 2019 にて、「 NFV-VIPP: Catching Internal Figures of Packet Processing for Accelerating Development and Operations of NFV-nodes 」と題して国立大学法人名古屋工業大学との共同研究成果を発表します。本発表では、Whitebox や汎用 PC 上に構成されるネットワーク仮想化エレメントである NVF (Networking Virtualization’s Function) のリソース処理負荷を正確に管理していくことを実現するネットワーク管理手法を提案します。

    Read more
  • 【公開発表】2019年9月 国際学会 APNOMS2019 にて SMART Gateway をデモ展示
    Comments Off on 【公開発表】2019年9月 国際学会 APNOMS2019 にて SMART Gateway をデモ展示

    2019年9月18-20日に松江で開催される国際学会 APNOMS2019 にて、 (1) 「 Connection Integration System for ICT Infrastructure Management 」と題して IoT 時代の ICT インフラやデバイスの Web 統合管理ソリューション、ならびに DaaS を実現するアプリケーションゲートウェイ・ソリューションをデモ展示いたします。

    Read more
  • 【News】SMART-GWを活用した操作監視ソリューションを某製造メーカに導入(2019年7月)
    Comments Off on 【News】SMART-GWを活用した操作監視ソリューションを某製造メーカに導入(2019年7月)

    ボスコ・テクノロジーズが、株式会社日立ソリューションズ・クリエイトと協業している、次世代操作監視プラットフォーム「SMART Gateway」を活用した「操作監視ソリューション」が某製造メーカーに導入されました。

    Read more
  • 【公開発表】2019年6月 NS / OCS / PN 合同研究会にて最新研究成果等を発表
    Comments Off on 【公開発表】2019年6月 NS / OCS / PN 合同研究会にて最新研究成果等を発表

    2019 年 6 月 20 – 21 日に岩手県盛岡市にて開催された電子情報通信学会・ NS / OCS / PN 合同研究会にて、名古屋工業大学 との共同研究成果を『 NFV ノードにおけるパケット I / O 性能向上のためのデータパス並列化』と題して発表しました。汎用 PC 上で実行する VNF は、10Gbps 以上のパケット処理性能の実現が容易ではないため、CPU 内のデータパス分岐によるパケット I/O 並列化を提案し、複数 CPU コアを利用した場合のトータルスループットが向上することを示しました。

    Read more
  • 【公開発表】IEICE Transactions on Communications に共同研究成果論文が公開 (2019年3月)
    Comments Off on 【公開発表】IEICE Transactions on Communications に共同研究成果論文が公開 (2019年3月)

    徳島大学、大阪大学、岡山大学との共同研究成果『 Public WLAN Virtualization for Multiple Services 』が、電子情報通信学会の論文として採択され、2019年3月に公開されました。SDN 利用においてフローエントリ数が肥大化する課題に対して、通信許容遅延を守りながら複数のフローを集約する効率的な手法の研究成果を発表しました。

    Read more
  • 【公開発表】2019年電子情報通信学会総合大会にて最新研究成果等を発表
    Comments Off on 【公開発表】2019年電子情報通信学会総合大会にて最新研究成果等を発表

    2019年3月19-11日に早稲田大学・西早稲田キャンパスにて開催された2019年電子情報通信学会総合大会・企画セッション「BI-10 仮想ネットワークの運用・管理・制御の自動化技術」にて、最新研究成果を 『仮想ネットワークのオペレーション自動化の取組み』と題して講演しました。
    仮想化技術の導入が進むネットワークサービスにおいて必須となる、① 全業務処理のフロースルーの実現手法、② 管理対象の環境に依存しない設備管理統一化の手法、そして、③ 仮想ネットワーク上で提供していく NFV ノード特有の監視手法の検討などを複合的に組み合わせることにより、仮想ネットワークのオペレーションの完全自動化を実現していく取組みを発表しました。

    Read more
  • 【公開発表】2019年3月 IN / NS 合同研究会にて最新研究成果等を発表
    Comments Off on 【公開発表】2019年3月 IN / NS 合同研究会にて最新研究成果等を発表

    2019年3月5-6日に沖縄県宜野湾市にて開催された電子情報通信学会・IN / NS 合同研究会にて、国立大学法人 東京工業大学 (学長: 益一哉)との共同研究成果を 『SDN 網未知障害発生時の故障確率利用による効率的代替経路発見手法』と題して発表しました。
    SDN を利用したネットワークにおいて、故障確率を考慮した探索木を用いて故障箇所を絞り込みの仮定を総当たりし、効率的な絞り込みを行い高速に代替経路設定を行う手法を提案しました。

    Read more

Back to Top