研究開発活動

研究活動

  • 【公開発表】2017年3月 IN/NS合同研究会にて SDN/NFV 最新研究成果等を発表

    2017年3月2-3日に沖縄で開催された電子情報通信学会・IN/NS 合同研究会にて、国立大学法人東京工業大学との共同研究成果を (1)『 SDN 網における未知障害発生時の代替経路高速発見方式』、 (2)『エンドツーエンド許容遅延制約環境での SDN フロー集約特性』、 (3)『モバイルトラヒックが vEPC ...

  • 【公開発表】2017年1月 ICM 研究会にて SDN/NFV 最新研究成果等を発表

    2017年1月19-20日に長崎で開催された電子情報通信学会・ICM/LOIS 合同研究会にて、『通信および設定履歴にもとづくネットワーク運用の自動化』と題して、SDN や NFV における共同研究成果等を発表しました。

  • 【公開発表】2016年11月 ICM 研究会にて SDN/NFV 最新研究成果等を発表

    2016年11月24-25日に下関で開催される電子情報通信学会・ICM/NS/CQ/nV 合同研究会にて、(1)『最新 SD-WAN ソリューションの実情と技術検証』、 (2)『公衆無線 LAN における帯域保証のためのバックホール仮想化』、 (3)『 SDN におけるリンク遅延を考慮したフロー集約法』、(4)『 ...

  • 【公開発表】2016年10月 国際学会EWSDNにて発表

    2016年10月10-11日にオランダのハーグで開催された国際学会 EWSDN (European Workshop on Software Defined Networks )にて、 「A ...

  • 【公開発表】2016年5月ITRCにて発表

    2016年5月12-14日に九州工業大学で開催された ITRC (日本学術振興会産学協力研究委員会 インターネット技術第163委員会)にて『 SDN の事業展開と Whitebox 技術の最前線』と題して研究成果等を発表しました。

  • 【公開発表】2016年3月 ICM研究会にて発表

    2016年3月10-11日に沖縄で開催された電子情報通信学会・ICM 研究会にて、(1)『日商エレクトロニクス SDN/NFVの取組と我々が考える効果と課題』、 (2)『Linuxにおけるパケット処理機構の性能評価に基づいたNFV導入の一検討』、 (3)『SDNにおけるOAM機能の検討』と題して研究成果等を発表します。また情報通信マネジメントワークショップにて、 (4)『業務志向をベースとした仮想環境の運用自動化技術と今後の課題』と題して講演し、パネルディスカッションにて討議しました。

  • 【公開発表】2015年11月 電子情報通信学会の学術論文が公開

    2015年11月1日に電子情報通信学会の学術論文 (*1) に、名古屋工業大学との共同研究成果である「A Software Approach of Controlling the CPU Resource ...

  • 【公開発表】2015年5月 国際学会IM2015にて発表

    2015年5月11-15日にカナダのオタワで開催された国際学会IM 2015にて、「Integrated Management of Software Defined Infrastructure」と題したパネルセッションを企画し、会議の議事進行を実施しました。また、コンテンツ配信のキャッシング方式、Network Function Virtualization (NFV) ...

  • 【公開発表】2015年4月 国際学会NETSOFT2015にて発表

    2015年4月13-17日に英国ロンドンで開催された国際学会NETSOFT2015にて、「SCLP: Segment-oriented Connection-less Protocol
 for High-Performance Software Tunneling 
in Datacenter ...

  • 【公開発表】2015年3月 ICM研究会発表

    2015年3月19-20日に開催した電子情報通信学会・ICM 研究会にて、「階層化コントローラアーキテクチャによる SDN における運用問題解決手法」と題して、研究成果を発表しました。本発表では、SDN (*1)システム導入において、ベンダロックインをな くすためのローカルコントローラを導入した SDN スイッチアーキテクチャを提案し、具体的な負荷分散コントローラを実現し、50k エントリ以上ものフローテーブルにおいて、低コストでかつリアルタイム処理データ転送 (200ms以内のデータ転送) ...

  • 【公開発表】2015年4月 CS/CQ/NV 合同研究会発表

    2015年4月21-22日に開催する電子情報通信学会・CS/CQ/NV 合同研究会にて、「フロー処理やネットワーク機能の処理負荷に鑑みたVSEリソース割当て最適化の検討」と題して、国立大学法人名古屋工業大学との共同研究成果を発表しました。本発表では、SDN ソフトウェアスイッチにおいて、利用する CPU リソースを最適化する Virtual Switch Extension for Adaptive ...

  • 【公開発表】2015年1月 ICM 研究会発表(2)

    2015年1月15-16日に開催した電子情報通信学会・ICM 研究会にて、「SDN における自己追従型細粒度ネットワーク管理運用アーキテクチャ」の研究成果を発表しました。本発表では、マネジメントプレーン自体を部分的に 2 次プロバイダに開放し提供することができるシステムアーキテクチャである『Service Dependent Management plane (SDM)』を提案しました。また、SDM のマネジメントプレーンにおけるオペレーションに特化した実装として ...

  • 【公開発表】2015年1月 ICM 研究会発表(1)

    2015年1月15-16日に開催した電子情報通信学会・ICM 研究会にて、大阪市立大学との共同研究成果を「SDN における自己追従型細粒度ネットワーク管理運用アーキテクチャ」と題して発表しました。本発表では、SDN においてネットワーク資源およびネットワーク機能を動的かつ効率的に管理可能な、自己適応型制御手法およびそれを実現する管理アーキテクチャを提案しました。

  • 【公開発表】SDN/OpenFlowにおける可視化技術を講演・パネルディスカッション (2014年9月)

    2014年9月23〜26日に徳島大学で開催した電子情報通信学会・2014ソサイエティ大会 にて、「SDN/OpenFlowにおける可視化技術」の研究成果を発表いたしました。これまで当社で培ってきた技術と、Software Defined Network (SDN) / OpenFlow を利用したネットワークリソースシステムにおける可視化技術に関して発表いたしました。

  • 【公開発表】大阪市立大学との共同研究成果発表 (2014年9月)

    2014年9月23〜26日に徳島大学で開催しました電子情報通信学会・2014ソサイエティ大会 にて、「A Self-Adaptive Approach for Fine-grained Network Operation and Management ...

Back to Top