【News】世田谷区にSMART Gatewayが採用され、2017年3月より運用開始

【News】世田谷区にSMART Gatewayが採用され、2017年3月より運用開始

Comments Off on 【News】世田谷区にSMART Gatewayが採用され、2017年3月より運用開始

setagaya-city
株式会社ボスコ・テクノロジーズの SMART Gateway ( スマートゲートウェイ )*1が、東京都・世田谷区(区長 保坂展人)のシステムに採用され、数千以上のサーバ制御に対して利用コマンドの制御や、実操作をリアルタイム監視するセキュリティプラットフォームとして利用されていく事になり、2017年3月より運用開始されます。総務省から出された自治体情報セキュリティ緊急強化対策指針対応として、SMART Gatewayでは、LinuxサーバやWindowsサーバの他、種々のネットワーク機器など管理していきます。

  1. 禁止コマンドを制限
  2. 全てのコマンド操作を正確にリアルタイムに記録
  3. 特権ユーザが実施したコマンド操作を速やかに把握
  4. 現用ルータへのコンフィグ自動生成&投入プラットフォームとして利用
  5. セキュリティインシデントなどに伴うサーバやネットワーク機器のミドルウェア等のバージョンアップに依存しない柔軟な運用
  6. WindowsサーバやWindowsクライアントで実行された下記を管理
    (1)プロセス、(2)ネットワーク通信、(3)ファイル操作、(4)アカウント操作、(5)ログイン操作

【落札情報 (件名: サーバ操作監視システムライセンスの購入)】
【 SMART GW の製品パンフレット ( PDF ) は、こちらからダウンロード 】

【関連ニュース1: NTTコミュニケーションズにSMART Gatewayが採用され、2016年4月より運用開始】
【関連ニュース2: 日本電信電話株式会社にSMART Gatewayが採用され、2016年3月より運用開始】
【関連ニュース3: 日本デジタル配信株式会社にSMART Gatewayが採用され、2016年3月より運用開始】
【関連ニュース4: 株式会社エイジアにSMART Gatewayが採用され、2016年3月より運用開始】
【関連ニュース5: 国土交通省にSMART Gatewayが採用され、2015年3月より運用開始】

*1:SMART Gateway は、ネットワーク仮想化技術の一つである NFV ( Network Function Virtualization ) の研究開発成果を利用して製品化し、これまでNTTコミュニケーションズ、KDDI、国土交通省、メガバンク、JDS、AZIAなど多くの組織で利用されてきています。

About the author:

Back to Top