img_bosco

ニュースリリース

研究活動

  • 【公開発表】2019年電子情報通信学会総合大会にて最新研究成果等を発表

    2019年3月19-11日に早稲田大学・西早稲田キャンパスにて開催された2019年電子情報通信学会総合大会・企画セッション「BI-10 仮想ネットワークの運用・管理・制御の自動化技術」にて、最新研究成果を 『仮想ネットワークのオペレーション自動化の取組み』と題して講演しました。
    仮想化技術の導入が進むネットワークサービスにおいて必須となる、① 全業務処理のフロースルーの実現手法、② 管理対象の環境に依存しない設備管理統一化の手法、そして、③ 仮想ネットワーク上で提供していく NFV ノード特有の監視手法の検討などを複合的に組み合わせることにより、仮想ネットワークのオペレーションの完全自動化を実現していく取組みを発表しました。

  • 【公開発表】2019年3月 IN / NS 合同研究会にて最新研究成果等を発表

    2019年3月5-6日に沖縄県宜野湾市にて開催された電子情報通信学会・IN / NS 合同研究会にて、国立大学法人 東京工業大学 (学長: 益一哉)との共同研究成果を 『SDN 網未知障害発生時の故障確率利用による効率的代替経路発見手法』と題して発表しました。
    SDN を利用したネットワークにおいて、故障確率を考慮した探索木を用いて故障箇所を絞り込みの仮定を総当たりし、効率的な絞り込みを行い高速に代替経路設定を行う手法を提案しました。

  • 【公開発表】2018年11月 ICM / NS / CQ / NV 合同研究会にて最新研究成果等を発表

    2018年11月15-16日に石川県金沢市にて開催された電子情報通信学会・ICM / NS / CQ / NV 合同研究会にて、名古屋工業大学との共同研究成果『DPDKの処理モデルに基づくNFVノード可視化機構の開発 ~ 負荷計測手法の一検討 ~』、ならびに大阪市立大学との共同研究成果 『ワークフローエンジンを用いたインシデント切り分け自動化』を発表しました。

  • 【公開発表】IEICE Transactions on Communications に共同研究成果論文が公開 (2018年3月)

    国立大学法人東京工業大学 (学長:益 一哉)との共同研究成果『 vEPC Optimal Resource Assignment Method for Accommodating M2M Communications 』、および 『 A Flow Aggregation Method under Allowable Delay Limitation in SDN 』が、IEICE Transactions on Communications の論文として採択され、2018年3月に公開されました。これらの論文では、 SDN や NFV における最新技術の研究成果や先端ネットワーク技術の事業化に関する取り組みの研究成果になります。

  • View All »

Back to Top