【公開発表】2017年12月 国際学会 2017 IEEE GLOBECOMにて共同研究成果を発表

【公開発表】2017年12月 国際学会 2017 IEEE GLOBECOMにて共同研究成果を発表

Comments Off on 【公開発表】2017年12月 国際学会 2017 IEEE GLOBECOMにて共同研究成果を発表

GLOBECOM
2017年12月4-8日にシンガポールで開催された国際学会 GLOBECOM にて、国立大学法人東京工業大学との共同研究成果を (1) 「 Fast Detection of Alternative Route under Unknown Failure on SDN Network 」と題して発表し、公立大学法人大阪市立大学との共同研究成果を (2) 「 Automation of Network Operations by Cooperation between Anomaly Detections and Operation Logs 」 と題して発表しました。これらの発表では、それぞれ
(1) 仮想化されるネットワークにおいて様々なネットワークサービスが集約され複雑化する環境において、サイレント故障発生時に速やかに被疑箇所を特定する手法を提案し、
(2) 複雑化する ICT インフラ運用において、ネットワークと侵入検知システムのログ情報に加え、SMART Gateway を用いたオペレーションログを組み合わせることにより、インフラ運用の自動化を実現するフレームワーク構成法を提案しました。
【発表資料(1): PDFファイル】【発表プログラム(1): CQRM.3: SDN I】
【発表資料(2): PDFファイル】【発表プログラム(2): IPS.13: Next Generation Networks】

About the author:

Back to Top