会社概要

会社概要

商号 株式会社ボスコ・テクノロジーズ ( 英名:BOSCO Technologies Inc. )
本店 〒105-0003 東京都港区西新橋 1 丁目 4 番 12 号 ルート西新橋ビル 6F
設立 2012年2月29日
代表 林 經正 ( はやし つねまさ )
資本金 600 万円
会社の特徴 自動化・仮想化・セキュリティを強みに、直接お客様の声を聞ける環境でシステム開発・運用を行っています。最先端技術を利用した製品開発や、全世界数万〜数十万台のサーバやネットワーク機器の運用を支援しています。
主な事業内容 日本最大級のクラウドサービスの開発や、他社には無いサービスや技術を提供する自社製品開発と販売を行ってきています。主なお客様は、大手通信事業会社、省庁、大手サービスプロバイダー等です。
連絡先 postmaster@bosco-tech.com
050-3746-0033
名古屋事業所 〒468-0045 名古屋市天白区野並3丁目418番地ダイトウビル301
開設 2015年10月1日
連絡先 nagoya-bsc@bosco-tech.com
050-3571-7535

沿革

2012年2月 株式会社ボスコ・テクノロジーズ設立
2012年2月 事業コンサルティング,技術営業支援・システムコンサルティング ( 調査、BPR含む ) を開始
2012年3月 システム開発 ( 受託開発 ) を開始
2012年5月 大手企業の基幹システム開発を受注
2013年4月 仮想化、自動化、ネットワークセキュリティ技術を中心に自社製品開発 ( 研究開発含む ) を開始
2013年11月 国立大学法人東京大学と共同研究を開始
2013年12月 Centec Networks社製Software Defined Networking ( SDN ) スイッチを沖縄オープンラボラトリに販売
2013年12月 自社プロダクト SDN コントローラ拡張機能ソフトウェアを大手企業に販売
2014年4月 公立大学法人大阪市立大学と共同研究を開始
2014年8月 ネットワーク仮想化技術 Network Function Virtualization (NFV)技術を応用したネットワークセキュリティ製品 SMART Gateway ( スマートゲートウェイ ) を販売開始
2014年9月 国際学会 APNOMS2014 に技術論文を発表
2014年12月 Ryu ベースの SDN コントローラを NTT グループに販売
2014年12月 国立大学法人名古屋工業大学と共同研究を開始
2015年3月 国土交通省に SMART Gatewayが採用
2015年5月 国際学会 IM 2015 にて、パネルセッション P2 を企画・会議進行を実施、その他技術論文を2本発表
2015年6月 大手通信事業会社の数百億円規模のサービスにおける基幹システムを開発
2015年7月 特権ID管理製品 A3(エーキューブ)を販売開始
2015年9月 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のシステムに SMART Gateway が採用
2015年10月 名古屋事業所を開設
2015年10月 国内メガバンク2行のシステムに SMART Gateway が採用
2016年3月 NTT サービス・イノベーション総合研究所株式会社エイジア ( AZIA ) 日本デジタル配信株式会社のシステム ( JDS ) に SMART Gateway が採用
2016年3月 株式会社ドコモgaccoの社内システム更改案件を受託し、ネットワーク、サーバ、最新認証技術等を導入
ICT インフラ構築ソリューション・サービスの提供を開始
2016年4月 Lanner Electronics Inc.の Whitebox ( FWシリーズ ) を利用した廉価版 SDN スイッチ構成法の研究開発、NFV 高機能実装法の研究開発、SD-WAN 向けエッジスイッチ構成法の研究開発を開始
2016年4月 Lanner Electronics Inc.の Whitebox を国内最大手通信事業会社に販売開始
2016年5月 国立大学法人東京工業大学と共同研究を開始
2016年5月 国立大学法人徳島大学と共同研究を開始
2016年8月 株式会社 KDDI 総合研究所に SMART Gateway (スマートゲートウェイ)が採用
2016年9月 KDDI 株式会社に SMART Gateway (スマートゲートウェイ)が採用
2017年1月 東京都世田谷区に SMART Gateway (スマートゲートウェイ)が採用

決算概要

  • 第一期 ( 2012年2月29日〜2012年6月30日 ):黒字決算
  • 第二期 ( 2012年7月1日〜2013年6月30日 ):黒字決算【売上: 44%成長】
  • 第三期 ( 2013年7月1日〜2014年6月30日 ):黒字決算【売上: 115%成長】
  • 第四期 ( 2014年7月1日〜2015年6月30日 ):黒字決算【売上: -51%成長】
  • 第五期 ( 2015年7月1日〜2016年6月30日 ):黒字決算【売上: 101%成長】
  • 第六期 ( 2016年7月1日〜2017年6月30日 ):黒字決算確定
  • 第七期 ( 2017年7月1日〜2018年6月30日 ):黒字決算予定

事業分野

  1. ネットワークアプリケーション・システムの開発・販売
  2. Web アプリケーション・システムの開発・販売
  3. 大手企業基幹システム、業務システムの開発・運用
  4. 企業社内インフラシステム更改設計、構築、運用 ( NTT グループ某会社の全社内インフラ更改、更改後運用の実績あり )
  5. 技術をベースとした事業コンサルティング、システムコンサルティング
  6. 技術研究開発

主な業歴

  1. ネットワークアプリケーション・システムの開発・販売
  2. Web アプリケーション/システムの開発・販売
    • 業務管理システム
    • 認証機能付きコンテンツ配信システム
  3. 大手企業基幹システム、業務システムの開発・運用
    • 伝送ネットワーク設計システム
    • 認証・認可制御システム
    • チケット型業務処理連携システム、メール連携システム
    • redmine ベース業務管理システム
      • 業界最大手企業の基幹システムの開発プロジェクト管理
      • 業界最大手企業のシステムリリース管理
      • 業界最大手企業の数百システムの不具合・クレーム管理
      • 大規模 NFV ( Network Function Virtualization ) サービスのエスカレーション管理
      • Jenkins と組み合わせた開発ソフトウェア自動テスト管理
    • SDN 用ネットワーク装置
    • SDN コントローラ
    • 一般企業向け「HA ( High Availability ) 構成 SDN システム」のパッケージ化
  4. 技術をベースとした事業コンサルティング、システムコンサルティング
    • 海外企業買収支援
    • 大手企業におけるSoftware Defined Network ( SDN ) 事業の策定
    • 大手企業基幹システムの SDN 化を伴うPBR
    • 大手企業間のシステム統合のプロジェクトマネージメント
    • システム開発コンサルティング
    • 伝送ネットワーク設計システムコスト削減方策の策定、RFP 作成支援
    • SDN 事業計画策定支援
    • SDN スイッチ評価支援
    • SDN 用アプリケーションゲートウェイ ( AP-GW )
    • SDN 系研究課題策定支援
    • SDN 系調達案件の提案資料作成支援
    • 大手企業 ( グループ30万人規模 )のヘルスケアシステムの要件定義とシステム設計
    • SDN 関連企業における特許取得支援
    • SDN 関連企業に営業&マーケティング支援
    • vEPC システム ( モバイルコアネットワーク・システム ) 機能検証支援
    • 大手通信事業会社における大規模通信故障等分析と、システム対策策定支援
    • ビジネスイーサワイドのサービスシステム拡張仕様策定支援
    • 多数の企業における営業支援
  5. 技術研究開発 ( 学会活動含む )
    • SDN / NFV 関連技術に関する大学との共同研究と、大手通信系事業会社との共同研究
    • 電子情報通信学会 (IEICE) ICM 研究会専門委員
    • IEEE, IEICE 等共催の国際学会 APNOMS 2012, 2014, 2015 Organizing Committee ( 運営委員 )

当社の強み

  1. 20代、30代の若い世代が自ら事業立案、開発、販売、運用を実現できる環境
  2. 技術をベースとした、企業買収、テクノロジーマーケティング、BPR ( Business Process Re-engineering ) の実施と、アイディア創出力
    • 技術的特徴 ( 本質 ) の見極めと課題の設定および、課題を解決するアイデア創出に強み
    • 学術的研究開発活動と実事業の両立
  3. 大手企業における基幹システムのラピッド開発、イテレーション開発の実績
    • 業界最大手企業における基幹システムのラピッド開発のフレームワーク化
    • ラピッド開発、運用のノウハウの当社社内システムにおける見える化
  4. 海外企業との積極的な協業・協力
    • プロトタイプアプリケーションの共同開発
    • CloudStackのVPC機能開発の調査と実装
    • SDN スイッチ ( ネットワーク装置 ) の開発
    • SDN 関連事業の調査
    • SDN オーケストレーション機能の評価
    • NFV / SDN を用いたvEPCシステムの基本機能評価

取引先

  • 株式会社 ACCESS
  • 株式会社石川コンピュータ・センター
  • 株式会社インターネットイニシアティブ ( IIJ )
  • 株式会社エイジア ( AZIA )
  • エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
  • エヌ・ティ・ティ・エイ・ティ・システムズ株式会社
  • NTT-AT テクノコミュニケーションズ株式会社
  • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ 株式会社
  • NTTコム エンジニアリング株式会社
  • エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • 株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
  • 一般社団法人沖縄オープンラボラトリ
  • オープンアソシエイツ株式会社
  • KDDI株式会社
  • 株式会社KDDI総合研究所
  • 株式会社グランフォールド
  • コードブック株式会社
  • 株式会社サンネクト
  • ジャパンシステム株式会社
  • ジェイシーテクノロジー株式会社
  • ジェイズ・コミュニケーション株式会社
  • 独立行政法人情報通信研究機構 ( NICT )
  • 株式会社ストローハット
  • 株式会社スプライト
  • (東京都)世田谷区
  • Centec Networks Co., Ltd.
  • 有限会社ソーホーソフトウェア
  • テクノブロード株式会社
  • 一般社団法人電子情報通信学会
  • 国立大学法人東京大学
  • 株式会社ドコモ gacco
  • 日本デジタル配信株式会社 ( JDS )
  • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
  • 日商エレクトロニクス株式会社
  • 日本電信電話株式会社
  • パイオニアVC株式会社
  • マネージメントサービス株式会社
  • 森尾会計事務所
  • Lanner Electronics Inc.
  • その他

直接取引以外のサービス提供先

  • 国土交通省
  • 株式会社 NTT ドコモ
  • 東日本電信電話株式会社 ( NTT東日本 )
  • 日本国内メガバンク ( 2行 )
  • 某庁
  • その他

支援活動 ( 運営委員、専門委員等 )

共同研究・インターン実績

Back to Top