東京都より『世界発信コンペティション』受賞 (2020年12月)

 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (本社:東京都港区、代表取締役:林 經正) の次世代操作監視プラットフォーム「SMART Gateway Desktop Proxy 版(以下、SMART-GW)」が、東京都主催の世界発信コンペティション 2020 において、「世界発信コンペティション 奨励賞」を受賞しました。  東京都をはじめ各地で新型コロナウィルスが猛威を振るう中、SMART-GW は各企業・組織様の「テレワーク体制へのスムーズな移行」を支援します。2020 年 10 月には代理店より SMART-GW を利用した「テレワーク向けシステム運用支援ソリューション」の販売も開始しております。 【テレワークに活用できる SMART-GW の特徴】 「誰が・いつ・どんな業務を行ったか」暗号化通信であっても完全に記録、徹底的な見える化を実現 コマンドフィルタ・URL フィルタ機能による、ユーザ・管理対象機器ごとの業務内容制御ができる世界唯一の機能(実施可能・不可能な業務の設定により、悪意ある操作や誤操作を防止) 既存のOS・システム運用状況に影響を与えずに導入・運用可能(従来の古い端末や今後新規に導入する設備であっても、都度の追加コスト・追加作業が不要であり、効率的な運用継続を支援) 他製品にはない「共有セッション機能」により、複数ユーザ間で業務画面共有を実現、リアルタイムでのクロスチェックをサポート ニューノーマルな働き方が求められる中、どのようなサービスが必要とされるのかを今後も絶えず検討し、製品開発に取り組んで参ります。 【世界発信コンペティションについて】  都内中小企業を対象に、革新的で将来性のある製品・技術・サービスを表彰し、国内外に発信することで、中長期的なビジネスチャンスを波及させるためのイベント  【世界発信コンペティション(受賞企業決定 2020 年受賞) URL】

SMART-GWが「テレワーク向けシステム運用支援ソリューション」として採用され、代理店より販売開始

株式会社ボスコ・テクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 經正 、以下ボスコ・テクノロジーズ)の次世代操作監視プラットフォーム「SMART-GW (スマートゲートウェイ)」が、製品の強みであるセキュアな運用支援機能を最大に活用することで、株式会社日立ソリューションズ・クリエイト(本社:東京都品川区、取締役社長:竹田 広光)が販売を開始した「テレワーク向けシステム運用支援ソリューション」の中心的な役割を担います。 新型コロナウィルスの影響でテレワークという働き方の導入が重要となる中、「いかにしてテレワークにおける運用業務のセキュリティを担保するか」が喫緊の課題となっています。このような課題を解決するために、セキュアな通信環境にSMART-GW のセキュアな運用支援機能を提供することで、「テレワーク向けシステム運用支援ソリューション」を実現します。 <SMART-GW のセキュアな運用支援機能> 1. ユーザ毎に接続対象や使用可能なコマンドの制御が可能であり、不正行為の抑止が可能。 2. 暗号化通信であっても「誰が・いつ・どこにアクセスし・何を行ったか」といった業務   内容を見える化し、操作ログをテキスト・動画として記録。 3.「共有セッション機能」により、管理者と作業者の画面共有によるクロスチェックを   サポート。 SMART-GWが採用された 「テレワーク向けシステム運用支援ソリューション」の内容詳細につきましては、こちらの URL をご参照願います。 https://www.hitachi-solutions-create.co.jp/solution/remote_monitoring/index.html

株式会社エイジアにおける情報漏洩対策強化の導入事例を公開 ~お客様情報保護を目的とした運用作業の完全見える化を実現~

株式会社ボスコ・テクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 經正、以下ボスコ・テクノロジーズ)は、株式会社エイジア(代表取締役:美濃 和男、以下エイジア)のクラウドサービス向けシステムにおいて、情報漏洩対策ソリューション「SMART Gateway DP(スマート ゲートウェイ デーピー)」が導入された事例を公開しました。 ■ エイジアにおける「SMART Gateway DP」の導入効果 マーケティングコミュニケーションシステムWEBCASの、さらなる情報漏洩対策の一環としてSMART Gateway DP版を導入することで、あらゆる機器に対する運用作業の記録・可視化を図り、お客様情報をより厳密に保護する仕組みを実現 厳密なアカウント管理・接続機器管理による不正利用の抑止 「誰が、いつ、どこから、どの機器へ接続し、何をしたのか」について、機器を選ぶことなくすべての証跡を完全に記録することで、運用担当者のセキュリティ意識向上に貢献 ■ SMART Gateway DPについて SMART Gateway DPは、対象機器を選ばない情報漏洩対策、運用作業の可視化、証跡記録、作業の自動化を実現します。それだけにとどまらず、運用対象機器へのエージェント導入不要、ユーザ端末への専用アプリケーション導入不要など運用稼働の大幅削減が可能なソリューションとして、大手通信事業会社や自治体・金融機関等のお客様に採用されています。 また今日では、新型コロナウィルスに伴うテレワーク実施時のセキュリティ対策ソリューション、およびクレジットカード業界のセキュリティ基準である PCI DSSへの対応ツールとしても引き合いを受けています。今後も時代のニーズを読み取り、お客様が求められる機能の提供をいち早く行って参ります。

次世代操作監視プラットフォーム SMART Gateway が統合システム運用管理ソフトウエア「 JP1 」の「 JP1 Certified 」に認定

株式会社ボスコ・テクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 經正 、以下ボスコ・テクノロジーズ)の次世代操作監視プラットフォーム「 SMART Gateway (スマートゲートウェイ)」が、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼 CEO:東原敏昭、以下日立製作所)の提供する統合システム運用管理ソフトウェアとして国内実績 No.1 の「 JP1 」と連携し、JP1 Certified を取得いたしました。日立グループについては、株式会社日立ソリューションズ・クリエイトが販売代理店として SMART Gateway を展開しています。 「 SMART Gateway 」と「 JP1/Integrated Management 2 」(以下 JP1/IM2)の連携により、企業のシステムに対するコマンド操作を監視し、不正な操作による攻撃を防御、検知することが可能となります。在宅勤務など各企業・組織のテレワーク導入機運が高まる中、リモートアクセス環境に対するサイバー攻撃に備えることができ、働き方改革の推進をサポートします。 [SMART Gateway と JP1 の連携によるテレワークサポート] ■ システム運用管理のネットワークセキュリティ 外部ネットワークからの不正アクセスを防止するために、システム運用管理作業はセキュアネットワーク内(データセンター内)で実施することが前提でした。しかし、これからはテレワークにより、在宅環境からシステム運用管理作業を実施することが必要となるケースの増加が想定され、外部ネットワークからの不正アクセスに対応する必要があります。 ■ SMART Gateway と JP1/IM2 連携活用によるセキュリティ堅牢化 万が一、外部ネットワークからの攻撃で、不正アクセスが発生した場合、SMART Gateway の機能により外部ネットワークからの不正操作を防止することができます。更に、不正操作の発生を JP1/IM2 にログ通知することで、不正操作を検知します。このように、システム運用管理のセキュリティ堅牢化に対応し、テレワークによるシステム運用管理作業をサポートします。 SMART GATEWAY の JP1 Certified についての内容詳細につきましては、こちらの URL をご参照願います。 https://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/jp1/partner/details/dev_jp1_SMART_Gateway.html JP1およびJP1連携製品認定制度について http://www.hitachi.co.jp/jp1/ […]